「クールビズで着ている人が増えている<ギローバー>のポロ ラルフローレン偽物通販
ポロシャツのイセタンメンズ初のオーダー会となります。2018年春夏の素材とカラーからいち早くお好みのPolo Ralph Lauren コピーポロシャツをお作りいただけるチャンスです」と、イタリアの<ギローバー>に行って、来春夏のオーダーが終わったばかりという佐藤バイヤー。

「ジャージー素材のポロ ラルフローレン偽物ポロシャツやニットポロは、ビジネススタイルにも定番となってきましたが、<ギローバー>のポロシャツの特徴は、イタリアのドレスシャツメーカーならではの身体に沿う洗練されたフィッティングと、ドレスシャツの襟の表情そのままの襟型。台襟付きでタイも結べるので、クールビズでとても重宝します。また、胸にワンポイントがなく、すっきり見えるのも人気のポイントですね」と続ける。

既製品ではイセタンメンズに並ばないデザインもセレクトできる

今回の<ギローバー>のポロシャツオーダー会では、バイヤーが買い付けしていないモデルやカラーを組み合わせることも可能。「サイズ展開はそのままですが、素材とカラーのセレクトができます」と佐藤バイヤー。

サイズはXS~Lの4サイズから。また襟型は、長袖のPolo Ralph Lauren コピーポロシャツはカッタウェイで、半袖はボタンダウンやカッタウェイのほか、スキッパーやワンピースカラーから選ぶことが可能。素材は、来春初登場のサラッとしてドライタッチな“綿麻ジャージー”を含めて5~6素材を用意するほか、カラーは合計40~50色を予定している。

「鹿の子やスムースのジャージー素材はシワになりにくいので、出張や移動の多い方には使い勝手の良い生地です。また、襟型がドレスシャツの顔をしているので、オフィスでも抵抗なく着用していただけます」と推奨する。

「<ギローバー>のPolo Ralph Lauren コピーポロシャツは、ジャケットにはもちろん、来春トレンドのニットジャケットなどニットアウターと相性が良いので、ワードローブに加えていただくと着用の機会が多くなるはず。着ていて圧倒的に楽なので、自分のお好みの長袖ポロを作ると、一年中手放せなくなります。夏なら腕まくりをして着ると、適度にラフな感じで、大人の着こなしも演出できます」と、長袖のオーダーを薦める。

出典:https://www.imn.jp/post/108057197462

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です